Service

BIに必要なビッグデータ分析基盤を構築し、データドリブンな企業活動を支援します。

ビックデータ分析を行うためには、まず必要なデータを貯める必要がありますが、企業内の様々なデータは保持形式が統一されていないものがほとんどのため、そのままではBIに活用することはできません。
マクロセンドは、様々な生データをそのまま取り込めるデータレイクの構築、データを用途別に正しい形で保持できるデータウェアハウス・データマートの構築など、お客様のニーズに応じてビッグデータ分析基盤の構築をサポートいたします。

  • データレイク

    データレイクは、発生したデータをそのままの形式でリアルタイムで取り込むことができるデータ基盤で、昨今のビッグデータ分析には欠かせないモノです。データウェアハウスと異なり事前に構造などを決めておく必要がないため、あらゆるデータを蓄積・管理し、後から自由にユーザーのニーズに合わせてデータ分析を行うことができます。

  • BIツール

    BIツールとは「ビジネスインテリジェンスツール」の略で、企業に蓄積された大量のデータを集めて分析し、迅速な意思決定を助けるのためのツールとして、多くの企業が経営管理や売上のシミュレーションなどに活用しています。また、これらのビッグデータを全体最適で分析に用いることで、経営戦略の見直しやサービス改善に用いることができます。

BI データ分析基盤の構築を通して、
健全な企業活動をご支援いたします。

  • 様々な最先端ツールを
    用いたデータ収集

    データの整備としては Fluentd、Embulkなどのサービスを利用することで、大量データや複数のシステムに存在するデータの収集が容易となります。また、健全なデータの保管・取り扱いをサポートいたします。

  • 健全な企業活動を
    行うためのデータ管理

    企業データをデータ分析やAIを用いたデータ活用を前提としたデータ蓄積が可能になるように、健全なデータに整理・保管し、円滑かつセキュアな企業活動ができるためのサポートをいたします。

  • BIツールによるデータ分析のサポート

    適切に収集・加工・保管したデータをクロス集計、ロジスティック回帰分析、アソシエーション分析、決定木分析、クラスター分析、主成分分析など、お客様の要望に合ったデータ分析手法を用いたBIツールの選定・データ分析を行えるようサポートいたします。