Service

TeraDataやExadataなどのオンプレミスDBから
Redshift、Big Queryなどクラウド型への移行サービス

大量のデータを分析する為に、以前はオンプレミス(非クラウド)の大規模DB(TeraDataなど)にてデータを分析していましたが、コストが高いかつ利便性が低いという課題が存在しておりました。
ビッグデータ分析をする上で基盤となるシステムのインフラをクラウド化することは必要不可欠となった中、弊社では機械学習のデータ分析に利用される、AWSが提供しているAmazon RedshiftとGoogleが提供するBigQueryの活用についてご提案、導入支援をいたします。

  • Amazon Redshift

    AWSが提供する高速で、スケーラブルなデータウェアハウスです。大容量データ処理に最適化されており高速なデータ分析をクラウド上の高セキュアな環境で利用でき、既存のDWHに比較して大幅なコスト削減と管理運用の負荷軽減を期待できます。検証サービスで移行難易度やWBSをアセスメント(検証)レポートとして提出し、移行計画策定や費用把握を支援します。

  • BigQuery

    Googleが提供するサーバーレスなエンタープライズ向けデータウェアハウスです。ユーザーが十分な情報に基づいて迅速に判断を下せるように設計された、サーバーレスでスケーラビリティとコストパフォーマンスの高いクラウドデータウェアハウスにより、容易にビジネス変革を実現することができます。

Bigquery/Redshiftを使うメリット

  • システム管理・運用の
    コスト削減を実現

  • アップデート対応も
    スムーズに変更可能

  • server

    緊急時もデータ保管
    どこからでもアクセス可能

オンプレミスと比較すると、クラウドはシステム管理・運用コストの削減を実現し、アップデート対応もスムーズに変更が可能、緊急時などでもクラウド上にデータを保管し、どこにいてもインターネットからアクセスすることが可能です。
Redshift、BigQueryは類似した製品ですが、データ量、コスト、現状環境をヒアリングさせていただきながら製品選定、構築をさせていただきます。
またこちらのクラウド基盤の保守、データウェアハウスの保守も対応可能です。今後のデータ分析をお考えの方には、これらの製品群をオススメ致しますが、データ量が少ない場合は、SASやTeradataなどオンプレミス型の分析ツール機能をクラウド上の高速処理DBへの移行もサポートいたします。